所得補償保険とは

所得補償保険の比較RANKING

所得補償保険とは、被保険者が働けなくなった場合の収入をカバーする損害保険の一種です。

所得補償保険TOP > 所得補償保険

所得補償保険とは?

所得補償保険とは、被保険者が病気やケガなどで就業不能状態に陥った場合の所得を補償する損害保険のことです。

一家を養う大黒柱が病気や不慮の事故によって働けなくなってしまった場合、休業している間の収入が一時的に途絶えてしまいます。

それでも住宅ローンの支払いや生活費、教育費などは毎月固定費として支払わなければならないため、十分な蓄えがない場合、これらの支払いが困難になってしまうおそれがあります。

そんなとき、所得補償保険に加入していれば、就業不能期間中の所得が補償され、働けない間も毎月一定の収入を確保することが可能となります。

入院保障だけでは不十分

一家の働き手が病気やケガで入院した際、生命保険が販売している『入院保障』に加入していると、入院1日につき一定の入院給付金を受け取ることができます。

ただ、入院保障はあくまで被保険者の入院のみを保障対象としているため、たとえ病気やケガを負っても、入院していなければ一切給付金を受け取ることができません

特に近年は短期入院・長期通院のケースが主流となっているため、入院保障で得られる給付金は減少傾向にあります。

そもそも入院保障は入院中の生活費を保障するものではなく、入院中の治療費をまかなうことを目的としているため、入院の有無にかかわからず、働き手にかける保険は入院保障だけでは不十分と言えるでしょう。

専業主婦でも加入できる

所得補償保険と言うと、会社勤めあるいは自営業の方向けの保険商品というイメージがありますが、実際には専業主婦の方も加入することができます。

専業主婦の方は働いて賃金を得る『仕事』を持たないため、一見所得補償保険の対象外と見られがちですが、専業主婦の方が病気やケガなどで動けなくなってしまった場合、家事を代行するためにさまざまなサポートを外部に委託する必要があります。

たとえば食事や掃除、洗濯などの家事を代行してくれるヘルパーや、小さなお子様のお世話をしてくれるベビーシッターなどを雇うと、相応の費用がかかり、家計を圧迫してしまうおそれがあるのです。

そのため、多くの所得補償保険では、一般的な会社員や自営業の方同様、家事従業者(専業主婦/主夫)が就業不能となった場合の補償にも対応しています。

アメリカンホーム保険会社

アメリカンホーム・ダイレクトは、日本で一番歴史のあるダイレクト型の損害保険会社です。
www.americanhome.co.jp/

NKSJひまわり生命 公式ホームページ

NKSJひまわり生命公式ホームページ。
www.nksj-himawari.co.jp/

オリックス生命保険株式会社

シンプルでわかりやすい商品設計。充実した保障を割安な保険料でお届けします.
www.orix.co.jp/ins/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 所得補償保険の比較ランキング All Rights Reserved.