日立キャピタル損害保険【長期所得補償保険】

所得補償保険の比較RANKING

日立キャピタル損害保険の長期所得補償保険は、最長60歳まで保険金を支払ってもらえる所得補償保険です。

所得補償保険TOP > 日立キャピタル損害保険

日立キャピタル損害保険【長期所得補償保険】

日立キャピタル損害保険

日立キャピタル損害保険の長期所得補償保険は、長期にわたって毎月保険金を支払ってもらえる人気の所得補償保険です。

その名の通り、従来の所得補償保険に比べて保険金支払期間が長期にわたっているところが最大の特徴。

大きな事故や病気によって長期間まったく就業できない場合でも、自身や家族の生活費をしっかりサポートすることが可能となっています。

サラリーマンや個人事業主の方はもちろん、ドクターや法人向けの所得補償保険も取り扱っており、ニーズに合った所得補償保険が提供されています。

>>日立キャピタル損害保険はこちら

最長60歳まで支払い

従来の所得補償保険では、保険金支払期間はわずか1~2年程度と短く、大きな病気やケガをした場合、十分な補償を得られない可能性がありました。

そこで日立キャピタル損害保険では、最長60歳まで保険金を支払う長期所得補償保険を実現。

定年退職となる60歳まで保険金の支払いが続くので、住宅ローンやお子様の教育費についても長期にわたってサポートしてもらえます。

選べる保険金額

毎月必要となる生活費は人それぞれ。特に養う家族の多い方や、住宅ローンを抱えている方は、より手厚い保障が必要となります。

そこで日立キャピタル損害保険では、万一の時に支給される月額保険金額のタイプを5種類用意

手軽な月額10万円コースから、充実補償をうけられる月額30万円コースまで、補償ニーズに合わせたプランを提供しています。

いずれのコースも保険金支払期間は変わらないので、毎月必要な費用に合わせて無駄のないプランを選択することができます。

日立キャピタル損害保険の内容(長期所得補償保険)

月払保険料(30歳加入、保険金月額10万円の場合)

職業 月払保険料
営業職・販売職等
2110円
建築・土木業
2110円

基本補償内容

所得補償
月額10万円~30万円(平均月間所得額の60%範囲内で設定)
免責60日間

基本内容

保険期間
5年間
保険金支払期間
最長60歳まで
加入可能年齢
満20歳~満53歳
満期保険金
なし
解約返戻金
なし

主な特約

なし

日立キャピタル損害保険 ⇒日立キャピタル損害保険の公式サイト

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 所得補償保険の比較ランキング All Rights Reserved.