所得補償保険が必要な人

所得補償保険の比較RANKING

所得補償保険は、就業不能となった場合のサポートが薄い自営業者や個人事業主の方に人気の保険です。

所得補償保険TOP > 必要な人

所得補償保険が必要な人は?

所得補償保険は一家の生活を支える働き手であればどなたでも加入できる商品ですが、中でも特に契約が必要なのが自営業者や個人事業主の方々です。

会社員の場合、病気やケガなどを負って一時的に就業不能になったとしても、健康保険組合から傷病手当金が支給され、最長1年半は月収の3分の2が補償されます。

また、会社員には有給休暇があるため、ある程度の日数であれば、たとえ休業していても一定の収入を確保することができます。

一方、自営業者や個人事業主、フリーランス、SOHOなどの、いわゆる国民健康保険加入者については、傷病手当金は一切支給されません。

当然、有給休暇などの制度もないため、休んだ分だけ収入が減ってしまうのです。

そのため、所得補償保険については、休業時のサポートが期待できない自営業者や個人事業主の方こそ加入しておきたい保険と言えるでしょう。

もちろん、会社員や公務員についても、傷病手当金や有給には限度があるため、万一の場合に備えて所得補償保険に加入しておいた方が安心です。

ちなみに、所得補償保険は日本ではまだそれほど一般的ではありませんが、アメリカでは『LTD(Long Term Disability)=長期就業不能保険』として広く普及されており、就業人口の約半数が加入しているほか、保険への加入が義務づけられている州も存在しています。

アメリカンホーム保険会社

アメリカンホーム・ダイレクトは、日本で一番歴史のあるダイレクト型の損害保険会社です。
www.americanhome.co.jp/

NKSJひまわり生命 公式ホームページ

NKSJひまわり生命公式ホームページ。
www.nksj-himawari.co.jp/

オリックス生命保険株式会社

シンプルでわかりやすい商品設計。充実した保障を割安な保険料でお届けします.
www.orix.co.jp/ins/

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 所得補償保険の比較ランキング All Rights Reserved.